ブログの中でも調子にのっちゃえ!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
Life is dead 2018.08.05 Sunday

学校を卒業したあの日僕は死んだ。

 

今を生きる僕はあの日死んだ僕なのだ。

 

頭の中を駆け巡るのは死ぬこことだけ。

 

ただしその死はとても受動的で

 

吊る事とも飛び込む事とも飲む事とも切る事とも撃ち抜く事ともどれとも違う。

 

自分の事を変だと思い始めたのは10歳そこそこだったと思う。

 

14歳のころにはその疑問は確信へと変わりどうにかしなければと思い始めた。

 

20そこそこのころには具体的に何をどうすればと理解し始め、ようやく何か変われたと思えるようになってきた。

 

それでも30を超えるころにはようやく一端に慣れたと思っていた。

 

でもここへきてその思いは打ち砕かれ、20年弱かかって組み立ててきたものがなんの意味もなかったのではないかと思えてしかたない。

 

結局僕は死んだままだった。

 

同僚、友人、家族、だれにもこの思いを伝える事ができない。

 

それはおそらく心の奥底では誰も信用していないからだ。

 

誰も信用してはいけない。幼いころからそう教わって育ってきた。

 

その教えが僕の魂にベッタリとこびりついてしまっているのだ。

 

それはまるで沈んだタンカーから漏れ出た油にまみれる鳥のように。

 

だから僕は自分を信じて生きていくしかなかった。その信仰が打ち砕かれてしまったのだ。

 

生きる事も死ぬ事もできず、荒野をさまようゾンビのように死んだまま生きているだけだった。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

| 雑記 | comments(0) | - | hiko |
スポンサーサイト 2018.08.05 Sunday
| - | - | - | スポンサードリンク |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>